photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.02.21

One of the most respect creators

今日の午後は、コピーライターの前田知巳さんとご一緒でした。

DSC00541.jpg

前田さんとは、大きなプロジェクトをいくつもご一緒しています。
たとえば、
ファーストリテイリングのCI
「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」
NTT DoCoMoの企業広告
「ドコモあんしんミッション みんなが、安心を、携帯できる世の中へ」
SUIT SELECTのブランドリニューアル
「リアルスーツとは何か」

これはみんな佐藤と前田さんで手掛けたプロジェクトで、
前田さんがお書きになったコピーです。

前田さんは、言葉で人をドライブさせることができる
ほんとうに素晴らしいクリエイター。

一緒にお仕事をさせていただくたびに、
その鮮やかな切れ味、目の覚めるような視点の提示、
そして今までほしかったのに手が届かなかったものを、
あまりにも明快に目の前に差し出されたかのような衝撃を味わっています。

お逢いする度に刺激を受ける、
私が最も敬愛するダイナミックなクリエイターのお一人なのです☆

2008 02.21 23:35 |POSTED by ETSUKO SATO
page top