photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.04.02

ママ服

今日は4月から息子が通う学校の入学説明会。
まだ1歳ですが、週1で通える1クラス6名の学校があるのです。

今日何着ていこう縲怩ニいうのは、けっこうずっと考えていました。
いつものような服というわけにはいかないものの、
あまりにも普段着ない服、絶対に買わないブランドのものを着るのは
どうかと思いますし、といって格好で目立ってしまうのも不本意。
自分も納得して、ママ服としてのTPOもわきまえている服…
いろいろ探した結果、遂に見つかったのがこちら↓

RIMG0088.jpg

グッチで選んだベルト付きスーツ。
ラインがキレイに絞ってありますが、襟元が詰まっているので
きちんとした印象!何となく気持ちも引き締まります。

バッグは黒のショルダーバーキンで。
提出書類やスリッパなど、何かと多い持ち物がすべてまとまるので
やっぱり便利です。

これからも場にあっていて自分も快適なママ服、
探していきたいと思います☆

2008 04.02 22:29 |POSTED by ETSUKO SATO
page top