photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.04.07

週末は…

この週末は、仲良しの天馬くんと
六本木ヒルズの桜まつりへ

RIMG0102.jpg

その後、天馬くんのお家に遊びに行ったのですが、
シンプル&モダンで気持ちのいい素敵な空間!
自分の持ってないおもちゃに興味津々です。

RIMG0105.jpg

ものすごーーーく大きい犬がいて、大興奮!

RIMG0110.jpg

パパママの義幸さん&幸恵ちゃんは、
よく犬のお散歩中に話しかけられると言っていましたが、
確かに話しかけちゃうほど大きいです。
ポニーみたい…!

その後、佐藤の大学時代の友人・竹内さん&かとちゃんご夫妻のお家で
夜桜と超美味しい山菜料理をご馳走になりました!

RIMG0115.jpg

竹内さんは資生堂のクリエイティブディレクターで
「マキアージュ」の広告は竹内さんの作品。

2年前までSHISEIDO FRANCE勤務で、
その時に佐藤の展覧会「MORE THAN 2D LSEE THAN 3D」
開催していただきました。

当時竹内さんが住んでいたお家は、サンルイ島にある、
1647年に出来た貴族の屋敷を改造したアパルトマン。
何度も遊びに行きましたが、ほんとうにステキなお家でした。

その竹内さんの東京のお家、どんな感じかなーと楽しみに伺うと、
パリで手に入れられたアンティークの家具が馴染む美しい空間でした!

ちょっとピンぼけですがが…ダイニングからのスキップフロアの眺めや

RIMG0118.jpg

リビングは、東京にいながらパリを思い出させるような
センス溢れるお家でした☆

RIMG0119.jpg

竹内家にも犬がいて、ここでも息子は大興奮!
勢いあまって、自分のお菓子を犬の口に入れようとして
ちょこっと手を噛まれ、涙したのでした…

2008 04.07 12:57 |POSTED by ETSUKO SATO
page top