photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.04.25

気力勝ち

なんと右足を亜脱臼してしまいました!

RIMG0235.jpg

火曜日の夜の出来事。
その直後はほんとうに痛くて足がまったく地につけないほど…
どどどどうしよう…と取り急ぎ私のトレーナーに相談し、
突出してしまった骨を入れる処置をしていただきましたが、
病院に行ってギブス&松葉杖にしないと無理かも縲怩ニ
言われてしまいました。

水木金とどうやってもキャンセルできない仕事ラッシュ、
それ以上に1歳児がいて松葉杖なんてあり得ないので
なんとかならないかと相談した結果、スポンジとテーピングで
出た骨を圧迫し続けて元に戻すことに。
成功するかどうか五分五分です、と言われていましたが、
なんと今日劇的に痛みが和らいで8割方治った気分!

ふぅ縲怩ニほっと一息です☆
あり得ない回復と驚かれましたが、
気合いで勝ったとしか言いようがない感じで
自分でもちょっとびっくり…

松葉杖をつかないで治した負担は
体に出ますからケアを怠らないようにと釘を刺されましたので、
油断大敵で気をつけたいと思います…

2008 04.25 00:12 |POSTED by ETSUKO SATO
page top