photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.07.05

斜めがけバッグ投入

息子が歩くようになったので、
これまでママバッグとして愛用していたトートバッグが
ちょっと不便になりました。
手をつないで歩いていると肩からずり落ちてしまいそうになるので…

そこで投入されたのが、斜めがけバッグ☆

RIMG0552.jpg

これまで私のファッションの文脈にはなかったものですが、
必要に迫られて遂に登場。
自分のスタイルにも無理なく合い、使いやすく…ということで
行き着いたのがこの3つ。

左からお弁当&おもちゃ持参で荷物が最大級の時のバレンシアガ、
お稽古に便利なゴヤール、
公園やちょっとしたお出かけ用のルイ・ヴィトンですが、
このリチャード・プリンスとのコラボのヴィトンは
見た目よりもずっと収納力があって、
タオルや飲み物、お菓子まで入ります。
どれも汚れても拭き取ればキレイに戻る、優秀な新愛用品です☆

2008 07.05 00:13 |POSTED by ETSUKO SATO
page top