photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.07.06

新しい出逢い

土曜日のディナーは息子のお友達・彩仁くんファミリーと
銀座のahillへ。

ahillは西麻布店の方が家から徒歩5分、
フォアグラ&ハンバーグ&カレーの黄金の組み合わせが大好きなので、
子どもが生まれる前は、よく行っていました。
席数も多くなく人気店ゆえ、前もって予約はとりにくいので、
22時半過ぎぐらいから、「今から伺いたいのですが…」と
電話してみていたのです。

RIMG0803.jpg

今はそんな遅い時間からはなかなか行きにくく、
子どもと楽しむような雰囲気でもないので、
ここ1年ぐらい行けていなかったのですが、
銀座店には個室があるということで、
久々にahill特製カレーを堪能できました☆

RIMG0806.jpg

子ども2人は個室の隅で絵本&スーパーボール&カードに熱中。
まだ「一緒に遊ぶ」という状況にはなっていませんが、
随分コミュニケーションできるようになりました。

子どもが運んできた幸運のひとつは、
今まで全然接点がなかったたくさんの方々との新しい出逢い。
しかも家族同士でお付き合いできることです。

昨日はパパ2人は初対面でしたので、
佐藤にとっても新しい刺激になったことでしょう☆

2008 07.06 16:34 |POSTED by ETSUKO SATO
page top