photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.11.25

今日からビニール傘展

銀座のクリエイションギャラリーG8の年末恒例のチャリティー展が、
今日から12月20日(土)まで開催されます。

今年は、
266人のクリエイターによる「大切に使いたい」ビニール傘展

参加クリエイター全員がボランティアでデザインした傘を展示・販売し
その収益は財団法人日本ユニセフ協会に寄付されます。

G8%20Charity%20Project_02.jpg

こちらは、数年前にやはりこの年末チャリティー展
「傘展」のために佐藤がデザインした傘。

I will go no matter what happens.
傘にこのメッセージというのが、本人のお気に入りでもあるので、
今年は、同じこのメッセージを違うデザインで、
ビニール傘に表現してみました。

実物は、ぜひギャラリーで☆

2008 11.25 20:09 |POSTED by ETSUKO SATO
page top