photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2008.12.12

2年連続首位

白金の明治学院大学

Meiji%20Gakuin%20University_01.jpg

2004年から、「明治学院大学ブランディングプロジェクト」の
クリエイティブディレクターをさせていただいていて、
このロゴとスクールカラーもSAMURAIのデザインです。

大学ですので、モノを売るためではなく、
建学以来、教育理念である〝Do For Others〟に象徴されるボランティア精神をもった
知的で奥ゆかしく、品のある大学の存在を、
高校生、予備校生、在学生、卒業生をはじめ、社会全般に
もっと知っていただくためのブランディングプロジェクト。

Meiji%20Gakuin%20University_03.jpg

マークを作った後も、商品や広告ではなく、
校旗、学生証や学生手帖、名刺、封筒、ノート、ボールペンに
学食で使うトレイやコースターまで、
大学で使われるあらゆるものを新しいVIで統一していくという
膨大な作業がありました。

Meiji%20Gakuin%20University_04.jpg

校友会用の絵皿やネクタイなど、グッズもかなり充実してきましたし、
体育会のユニフォームもデザインしました。

Meiji%20Gakuin%20University_08.jpg

こちらは、チアリーディング

Meiji%20Gakuin%20University_10.jpg

ユニフォームを作る時は、それぞれの部に所属している学生さんたちと
何度もミーティングを重ね、みなさんの意見を極力聞きながらデザインしました。
そうでないと、〝学校から押しつけられた〟ユニフォームになってしまい、
全然愛着と誇りを持ってもらえず、
それではこのプロジェクトの意味がまったくなくなってしまいます。

webサイトのリニューアルも手がけていて、
この度発表された、日経BPコンサルティングによる
全国200の大学のwebサイトを対象に行う
全国大学サイト・ユーザビリティ調査2008/2009」にて、
昨年に引き続き、私立大学の1位を連続受賞しました!
(総合でも2位)

大学のコンセプトが明快に伝わり、
美しく、かつわかりやすく使いやすいサイトを目指して作りましたので、
この結果は、ほんとうに嬉しいです。

この時期白金の街を彩る明学のクリスマスツリーも
お楽しみください。

Meiji%20Gakuin%20University_32.jpg

このツリーのライトアップのディレクションも
SAMURAIの仕事です。
イメージは、コツコツとひとつひとつのクオリティを
積み重ねていくことで、出来ていきますので…☆

2008 12.12 19:36 |POSTED by ETSUKO SATO
page top