photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.01.25

谷口久美さん

『UOMO』<可士和談義>昨日発売の最新号のお客様は、
元フレッド ジェネラルマネージャーで
今はコンサートプランナー&オペラ歌手としてご活躍中の谷口久美さん☆

tanigutikumisan

私がゲランのPRだった頃、LVMHのPRを統括していらして、
色々なお仕事をご一緒させていただきました。

憧れの谷口さんと直接お仕事させていただいたことは、
私がゲランに転職して最も幸いだったことのひとつです。

ファッション業界で知らない人はいない谷口さんが、
この対談で仰ったのは、「どうしてもう10年早くやめなかったのかなーと
思ってるの。だって(オペラ歌手となった)今は、辛いことがあっても
すべて自分のためでしょう。」ということ。

トップを極めた方が、第2の人生でも、
こんなにも充実した日々を送っていらっしゃる…

それを象徴するように、私がご一緒していた10年前とお変わりないどころか、
声のために始められたトレーニングの影響もあって、
体幹が入って、ますます美しく輝いていらっしゃいました!

今年はウィーンの音楽祭で歌われるご予定という谷口さん、
いつまでも憧れです☆

2011 01.25 06:47 |POSTED by ETSUKO SATO
page top