photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.03.08

人間國寶名刺

創業80年を迎える名刺、封筒の老舗・山櫻で作っていただいた人間國寶名刺☆

ningenkokuhomeisi

紙漉名人として人間国宝の指定を受けていらっしゃる九代目 岩野市兵衛さんが、
一枚一枚、名刺用に厚く漉いた「越前生漉奉書」を使用して作られたもの。

ちなみにこの「越前生漉奉書」は、
一度に約100枚分しか作ることができないそうです。

和紙独特の質感で、何とも言えない品のある暖かさを感じる手触り!

人間国宝名刺を紹介する名刺サイズのしおりも、
名刺の枚数分同封されていて、何か特別な時に名刺交換させていただく
楽しみが出来ました☆

washino

一緒にいただいた、こちらは「Futo Pad」

futopad

メッセージを書いた紙を、線に沿って折れば、あっという間に封筒に!

korehabennri

ちょっとメモを渡す時に、封筒に入れるほどでもないけれども、
そのままでは…と思って、よく半分に折ってお渡ししていますが、
そんな時のちょっとした気遣いに本当に便利です☆

2011 03.08 06:01 |POSTED by ETSUKO SATO
page top