photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.03.09

このレストランが効く!

一昨日発売の『marisol』4月号から、
「佐藤悦子認定 このレストランが効く!」という
新連載をさせていただいています☆

konngetugokara

ビジネスでの会食や、お友達とのランチやディナー、
海外からのお客様から、パーティ程はいかないもののちょっと大人数の時、
などなど、色々な状況に応じてレストランを選ぶのは楽しいものです。

雑誌では、NEW OPENのお店はよく紹介されているけれども、
そうでなくて、「こんなところがあったのか!」という
嬉しい発見のようなお店がそんなに見つからないかも…と感じていたので、
美味しいのはもちろん、個室が充実、ベジタリアンにもお肉好きにも対応可能、
深夜でもカジュアルすぎない、marisol世代がお招きできるお鮨etc.etc.
自分なりのポイントで選んだ色々なレストランをご紹介できればと思っています。

第1回は、コンラッド東京の「風花」、
来月は、4月7日発売だからこそのお店の予定です。

打ち合わせで、
編集長の南方知英子さん&副編集長の村岡郁子さん&ライターの海出正子さんと☆

sinrensai

1年間、どうぞよろしくお願いいたします☆

2011 03.09 06:11 |POSTED by ETSUKO SATO
page top