photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.03.17

メッセージ

被災を受けた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

東京では、大規模停電の可能性の発表を受け、
交通網が大混乱でした。

今の状況を受けて、SAMURAIも21日(祝)まで自宅待機、
在宅勤務とさせていただいております。

買い占めをしないようにと、再三ニュースでも流れているのもかかわらず、
スーパーなどでの品不足は加速しています。

大阪に単身赴任されていて、福島にご家族とご実家のある
私の大学の先輩からの声です。
「何かできることがあれば、何でも」という
グループメールでメッセージへの返信です。

「みなさんにお願いすることといえば、メディアでも再三報道されているように
「買占め」をしないことかと思います。
被災の影響が全くない大阪ですが、残念なことに近所のスーパーでは、
米、カップ麺、袋麺などが全くない状態です。悲しい現実です。」

余震、寒波、停電、原発の影響など、深刻な状況が続いております。
どうぞ皆様もご自愛なさって下さい…。

2011 03.17 23:16 |POSTED by ETSUKO SATO
page top