photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.03.29

一服

若宗匠の3月の東京のお稽古はすべて中止になりましたが、
「こんな時だからこそ、ぜひ一服で心を落ち着けてほしい」という
メールをいただきました。

そのメールをいただいて以来、
「抹茶ティーラテ」を選ぶことが多くなりました。
もちろん若宗匠は、これではなくて、家でお茶を点てて独服することを
仰っているのですが、出先ではそうもいかず、
ぜめて気分だけでも…と思って選んでいます☆

ippuku

今週は、仕事は一見相当「普通」に動いていて、
東京のレストランなどにも人が戻りつつありますが、
まだまだ戦いは続いています。
私の周りにも、今週被災地へ向けて出発する方もいらっしゃいます。

そんな中、昨日は、以前からお約束していた、
谷口久美さんと野澤理加さんとのランチは決行。
谷口さんが、「大人だったら毅然としていなくてはダメ」と仰っていらしたのに
深く頷いてしまいました。

いつも素敵なメッセージを、ありがとうございます!

2011 03.29 14:23 |POSTED by ETSUKO SATO
page top