photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.04.13

これで厄落としと思えば

ケータイかえました、というか電車に置き忘れて出てこなかったので、
かえざるをえませんでした…!

ショック…ですが、遠隔ロックで通信不可能にしたり
電話帳やメールなどのデータを見れなくすることができるサービスや
データお預かりサービスで、FOMAカード再発行と同時に電話帳なども
そのまま新ケータイで復元できるので、ちょっと安心しました。

新ケータイは「LUMIXケータイ」、まるでデジカメのよう…☆

LUMIX

なんでもない時で、特にカメラも持っていない時に、
息子の表情を今、撮っておきたい!と思うことも多いので、
カメラ機能を優先して選びました。

由美さんに、「ケータイなくしたのはショックだけど、
これで厄落とししたと思えばOK!」と言ってもらったので、
それなら…と、やっぱり大好きなピンクを選びました。
今度は気を付けます☆

2011 04.13 06:32 |POSTED by ETSUKO SATO
page top