photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.04.21

調息

今週は、久しぶりにお茶のお稽古がありました。

若宗匠が選ばれたお軸は「調息」
調身・調息・調心、「調」は調べるではなくて整えるという意味。
姿勢を整え、呼吸を整ると、精神も整ってくるという座禅の心得からの言葉だそうで、
息というのは、身体と心をつなぐ大切なもの、
お稽古はもとより、日々、息を整えていって下さいという
メッセージが込められています。

お着物も久しぶりに着ました。

1mae

帯も、金糸と銀糸の桜の花。

2usiro

「敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花」
お道具の銘から教えていただいた本居宣長の句です。

調息と大和心、今、大切にしたいと思います☆

2011 04.21 06:05 |POSTED by ETSUKO SATO
page top