photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.04.28

武田双雲さん

本日発売の『Oggi』6月号で、武田双雲さんと対談☆

soun

震災2週間後に行われた対談だったこともあり、
これからの日本で、アーティストやクリエイターができることなどについても
お話することができました。

それにしても、この双雲さんの‘書’対談、
毎回ゲストが、自分の人生の転機になった言葉や、大切にしている言葉を
自分で筆と墨で書かなければなりません…。

まだまだ本当に字が下手な私ですが、
ペン習字のおかげで、字を書くときのバランスのようなことは
なんとなくわかるようになってきたので、
この対談もお受けすることができました。
ペン習字以前だったら、
毛筆を人前で書くなんて、絶対無理!だったでしょう(笑)

石の上にも3年…
小高桃果先生に改めて感謝です☆

2011 04.28 06:11 |POSTED by ETSUKO SATO
page top