photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.05.30

富山の美味しいお菓子☆

私にとっての富山銘菓といえば、
薄茶のお稽古の干菓子でいただくことも多い「月世界

和菓子なんだけれどもマカロンのような趣があって
好きなお菓子のひとつです。

そして今回発見した富山の美味しいお菓子は、
樂翠亭美術館のミュージアムショップで購入した「和ごころ」

wagokoro

ロゴのデザインはしていますが、
このお菓子は美術館の方で選んで手配されているので
実際にいただいたのは初めて。

最中かな?と思うと、うすかわと餡のあいだに求肥がはさまれていて、
とっても上品な味で美味☆
おみやげに差し上げた方にも好評でした☆☆

早速調べてみると、「御菓子司 大崎丸善」という魚津市のお店。
他にも、「たてもん」とか「マロンコロン」など、
惹かれるお菓子のラインナップ…
公式HPがメンテナンス中なのが残念ですが、
次回の富山行きの際にはぜひお店に寄ってみたいと思いました☆

2011 05.30 06:16 |POSTED by ETSUKO SATO
page top