photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.06.20

4歳4回目

6月の週末は、毎年恒例のさくらんぼ狩りでリゾナーレ

s4kaimenosakurannbo

昨年も思いましたが、毎年行事は子どもの成長が実感できて面白いです。
今年は、高い方に濃い赤のさくらんぼがあることを発見して、
自分で脚立にのぼる2人☆

kotosihakyatatu

交換して味見も☆

kokansite

午後から雨の予報だった土曜日、
ランチの七輪炭火焼BBQは、途中からの雨に備えて、
川原ではなく、尾白の森キャンプ場というバンガローや
屋根付きのスペースがあるところでアレンジしていただきました。

あぶなくない小川が流れていて、
遊ぶのはもちろん、野菜を洗ったりで大盛り上がり!

yasaiarai

炭火焼用に食べやすい大きさにちぎります。

kitte

予想通りの途中からの雨でも、こんな感じで☆

amedemo

つるりんやガーナ、マリックと話していたのですが、
GAOでも、Save the Childrenと協力して、
被災地の子どもたちへ遊びの場を提供するための活動を準備しているそうです。

Save the Childrenの活動は、私たちも長く支援させていただきたいと
思っているので、何か一緒にできたらいいですね…と
お話しながらの尾白の森でした☆

2011 06.20 06:05 |POSTED by ETSUKO SATO
page top