photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.07.18

富士山での宿泊

山小屋での宿泊は私も初体験。
雑魚寝かと思いきや、6合目の宝永山荘では、
なんと意外に広いスペースを家族ごとに区切って布団を敷いて下さいます。
(繁忙期は無理かと思いますが…)

1hoeisanso

食事や休憩は1階で。
いろりのある畳の空間は和みます☆

夕食は、焼き鳥丼、牛丼、中華丼、カレーなどからチョイス。
私は焼き鳥丼です。

2yakitoridon

満月鑑賞後のお夜食には、
子どもは「赤いきつね」を半分ずつ、
大人は富士宮やきそばを食べられます☆

朝目がさめると、目の前からご来光…
そしてこの絶景!

3asa

朝ご飯!

4asagohan

朝食後は、みんなではがきを書きました。
宝永山荘の方が富士山のポストに投函して下さいます。

5hagaki

特筆すべきは、「バイオトイレ」
おがくずを使ったトイレなのですが、臭くないのです!!
水を大切にしながら、顔を洗ったり歯磨きもできるので、
宿泊は予想外にかなり快適でした(笑)

そして帰りは、宝永山からのルートで。

6sugoikesiki

最後は森の中を通って5合目に戻ります。

7morinonaka

最高の自然遊びをご一緒していただいたみなさま、
そしてかずじい、本当にありがとうございました☆☆☆

6hoeizankudari

2011 07.18 09:04 |POSTED by ETSUKO SATO
page top