photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.07.26

クジラ以外にも☆

山内一豊によって建てられた高知城

1kotijyo

日曜市

1nitiyoiti

新鮮な野菜や魚、高知名物刃ものはもちろん、
カブトムシやうなぎ(飼育用!)、昔なつかしの玩具や
かき氷、冷やしあめなど、たくさんの店が軒を連ねていて、
かなり楽しめます☆

のいち動物公園

3noiti

広々として気持ちよく、子どもたちが超はまった(1時間ぐらい遊んでいました)
トランポリンのある広場もいい感じです☆

美味しいものもたくさん☆

かつおのたたきも捨て難いですが、私的No1は、「青さのりの天ぷら」

4aosa

ぬっくい玉子のお寿司

5nukiu

子どもたちが、先を争ってあっと言う間になくなってしまった
子ども用の小さいお鮨

6kodomosusi

それを横目に別世界の2人(笑)
お酒も美味しい肴もたくさんあるのです。

bessekai

みんな「また行きたい!」と思った「すごろく」のお料理です☆

7sugoroku

高知、まだまだ楽しそうなところがたくさんあり、
来年の夏休みに、ぜひ四万十川に遊びに行こうという企画で
帰りの道中は盛り上がりました☆

2011 07.26 05:00 |POSTED by ETSUKO SATO
page top