photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.07.30

高知のおみやげ

今回購入して、特に「美味☆」と思った高知のおみやげは…

定番ですが、「塩味芋けんぴ」

sioimokennpi

色々な種類のものがありますが、私は日曜市の露店で購入しました☆

そして「土佐みたらしだんご

tosamitarasi

中は10個入りでこんな感じ。
普通は外側についているみたらしが、
餡のように中に包まれている小さなおだんごで、これが美味!

10koiri

美味しさの秘密は特製のタレ。
昔ながらの製法を守り、四万十川の源流から自然と濾過を繰り返し、
地下50mから汲み上げられる「地下伏流水」を使用することで、
自然の滋味をたっぷり受けたお醤油<マルバン醤油>が決め手のようです。

高知に行かれた際は、ぜひ☆
お取り寄せも可能です☆

2011 07.30 08:46 |POSTED by ETSUKO SATO
page top