photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.09.01

Live & Let Live - Love For Japan

友人でもある小曽根真さんが、東日本大震災復興のために、
世界のトップジャズミュージシャンに呼びかけて制作された
『Live & Let Live - Love For Japan』

live%26letlive

収益の全額は、「芸術・文化による震災復興支援ファンド」に寄付されます。

チック・コリア、ゲーリー・バートンなど、素晴らしい顔ぶれですが、
小曽根さんが今回のCDの主旨と参加の依頼をメールで送ると、
みなさんからすぐに返事が来て、みんな日本のために何かしたい!という
気持ちなんだということが、本当によくわかったと仰っていました。

佐藤もジャケットデザインというかたちで参加させていただきました。

その打ち合わせで、小曽根さん&神野三鈴さんご夫妻と☆

P1010129.jpg

「生きる」「生かされている」「みんな手を繋ごう」という
メッセージが込められている今回のアルバム、
本当に素敵な元気になる音楽が詰まっています!ぜひ☆

2011 09.01 07:04 |POSTED by ETSUKO SATO
page top