photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.09.24

海釣り

台風と台風のあいだの敬老の日、隅田川から船を出して、
横浜沖に海釣りへ。狙いはアジ&サバ!
そして何より、子どもが海釣りを楽しむこと☆
釣り好きの息子も、海釣りは初めてです。

水位の関係で出船時間は朝6:30。
それでも支流の橋を通るのはこんなにギリギリ!!

1giri

釣りのポイントまでは約1時間、
その間、スカイツリーや

2sukaituri

東京タワー

3tokyotower

羽田空港やレインボーブリッジなどを眺めることができます。

4haneda

横浜沖に到着!

5ajisaba

早速ヤスくんがサバをゲット!さすがお兄ちゃん☆

5yasukunnosaba

こちらもいい感じ☆

6kotiramo

イシモチ、釣れました!

7hisuinoisimoti

今回アレンジ&指導して下さったグローブライドの吉川さんと橋本さんの
アドバイスで、ジップロックにカイワレとミョウガを入れて来たところ、
船上でアジのたたきを味わえることに!

8ajinotataki

みんな今夜の夕食分は釣ることができました☆

8minnatureta

最初は「ヌルヌルして気持ち悪い!!」と言って魚に触れなかった子も
最後には…

10tanosiso

私も!

9ajigeto

船上で、吉川さんに背開きと三枚おろしのやり方を教えていただきました!
あとは練習あるのみ!

sabakikata

そして我が家の夕食は、アジのフライとイシモチの塩焼き。

11yushokuno

自分で釣った魚の味は、「あまりにもおいしっ!」
息子もごはんをおかわりして、パクパク☆

この日参加した子ども5人全員が、
“生命をいただいている”ことが少しわかったのではないでしょうか。

吉川さん、橋本さん、お休みのところ、本当にありがとうございました☆

2011 09.24 06:32 |POSTED by ETSUKO SATO
page top