photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.12.20

instigator

武蔵野美術大学空間演出デザイン学科の教授として
「学生たちの偏った思考をほぐし、脳を揺さぶり、自分であればどうするかを
思考させるプログラムを」ということから片山正通さんが始められた
特別講義「instigator」の第一回目のゲストに佐藤をお招きいただきました。

katayamamasamichi

大教室に入りきれない程集まった学生のみなさん。

hairikirenai

世界中に注目のプロジェクトを抱える片山さん、
武蔵美の教授としても、学生を育てていく新しい試みに真剣に取り組まれていて
本当に尊敬します!
「instigator」には今後も目を離せない感じです☆

武蔵美といえば、
ユニクロ心斎橋でご一緒した藤本壮介さんが設計された図書館も…!

hujimotosanno

教育ということをいろいろ考えさせられた、刺激的な機会を
ありがとうございました☆

2011 12.20 00:11 |POSTED by ETSUKO SATO
page top