photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2011.12.04

手みやげグランプリ

大雨でブロッコリーの収穫を断念した土曜日は、
一緒にファームに行く予定だったお友達のお家で鍋の集い☆

そんな時の手みやげ選びに活躍する
『BRUTUS』の日本一の「手みやげ」は、どれだ?が発売になりました。

temiyageguranpuri

『BRUTUS』の手みやげグランプリ、確か1回目はかれこれ6年前ぐらい、
そして今回は6回目ぐらいの開催かと思いますが、
最初の特集からずっと、松任谷正隆さん、秋元康さん、酒井順子さんと佐藤の
4人の審査員が変わらないというのは、数ある手みやげ特集の中でも
珍しいのではないかと思います。

佐藤も1位に選んだ、ポップデユベル新橋のレバーパテや
内幸町のL'estudiのピンチョスボックスは、
年末年始のお集り用に、ぜひ買いに行ってみたいと思います☆

2011 12.04 07:55 |POSTED by ETSUKO SATO
page top