photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.01.13

クラブ対決!

クラブと言っても、倶楽部ではなくて蟹なのですが、
蟹については佐藤と私の好きな料理が異なりました。

佐藤が「これ、俺、ものすごく好き」と言ったのが、
NO SIGNBOARD SEAFOODのホワイトペッパークラブ☆

2nosaign

佳美ちゃんオススメのこちら、
その名の通り白胡椒が相当効いたパンチのある味わいに
佐藤は大ハマり!
(肝心の写真は撮っていないのですが…!)

私にはちょっと香辛料が強い感じだったのですが、
NO SIGNBOARD SEAFOODでは、ハウススペシャルの炒飯が
とっても美味でした。

7hausuchahan

外のテーブルはこんな感じで、マリーナエリアを一望できます。

6sotote-buru

私的クラブ対決を制覇したのは、現地の方にご案内いただいた
イーストコーストシーフードセンターの
JUMBO SEAFOOD

1junbo

こちらのチリクラブを海鮮炒飯にかけて食べると、最高☆

2tirikurabu

さらに衝撃的だったのは、
サクサクのヤム芋揚げ餃子のようなものにくるまれた帆立貝!

3taroimohotate

意表を突く組み合わせですが、「わ、美味しっ!」でした。

イーストコーストシーフードセンターは、ちょっとセンターから外れますが、
海風も気持ちいいロケーションといい、ローカルで活気のある雰囲気といい、
行く価値大な感じです☆

2012 01.13 00:33 |POSTED by ETSUKO SATO
page top