photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.02.03

『「見えてる人」になるたった1つの法則』

佐藤が初監訳を務めた『「見えてる人」になるたった1つの法則』が、
実業之日本社より発売されました☆

mieteruhito

著者は、『紫の牛を売れ』他、多くの著書が
世界的なベストセラーのセス・ゴーディン氏。
翻訳は、『グロービッシュ時代のこれだけ!英単語111』などの阿部川久広さんです。

「今すぐ、行動しよう」はあたりまえのこと。
でもそれこそ理想の姿であり、実行し続ければ、
前向きで充実した人生が送れる本質論という本書。

実業之日本社の酒井圭子さんはじめ、
素晴らしいチームでお仕事させていただいて、感謝です☆

2012 02.03 07:21 |POSTED by ETSUKO SATO
page top