photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.03.24

ファーム泊

春休みということで、いつも日帰りで行っていたファームに
新しく出来たロッジに泊まりがけで行ってみました☆

畑は今、4月の植え付けに向けてお休み中なので、
ファームで外遊び&BBQを楽しんだ後、お隣のくるべりーファーム

haruyasumikitigo

「章姫」と「紅ほっぺ」を育てているくるべりーファームですが、
この日は真っ赤に実った「紅ほっぺ」

menihoppe

ファームのロッジは3部屋、1棟貸しなので、
普通のホテルや旅館とは違い、「お家にお泊まり」状態なので
子ども的には大盛り上がり!

食事やお風呂も自分たちのペースにあわせて気楽に出来るので、
大人もかなりゆっくり寛げます。

夕食は、地元の魚屋さんに届けていただいた手巻き寿司と水炊き☆

temakizusito

mizutaki

収穫の時期なら、その日に穫れた野菜を使ったカレーや豚汁などを
作ってみるのも楽しそう…と夢は膨らみます!

「ここは僕たちの部屋ね!」と到着早々2階の一部屋を選んでいた二人。
お風呂も二人で入り、寝るのも同時(笑)

oyasumi

近いので日帰りでまったく問題ないファームですが、
お泊まりの楽しさが加わって、ますます選択肢が充実。

トウモロコシの収穫の時期に、
今度は2泊で来ようと約束していた2人でした☆

arigatousuzukike

2012 03.24 06:41 |POSTED by ETSUKO SATO
page top