photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.03.28

恵比寿の夜☆

「AERA」副編集長の浜田敬子さんとジャーナリストの清野由美さんと
ディナー@MASA'S KITCHEN 47

hamakiyomasazu

独特の社内用語に出る企業文化や、
世代ではっきり別れる意識やコミュニケーションのあり方などなど、
色々な話題で盛り上がった夜のお供に、
ピータン豆腐でスタートし、フカヒレを経て、汁ありor汁なしを選べる担々麺という
MASA'S KITCHNのお料理はぴったり☆

アメリカでは、取材の申し込みはFacebookのダイレクトメッセージでというのが
とても多く、メールとFacebookの両方でコンタクすると、
Facebookで返事が戻ってくることの方が多いかもというお話にも、
国によって違うネットへの意識に驚きました。

学校によって、企業によって、世代によって、国によって、
当たり前ですが、意識も価値観も本当にいろいろな違うんだと、改めて実感…☆

2012 03.28 07:31 |POSTED by ETSUKO SATO
page top