photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.04.24

夏休みのこと

今週末からいよいよGWですね。
GWが終わると夏休みも間近な気分ということで、
夏休みはまだ計画中ではありますが、思い出に残る夏休みのことを☆

リゾートホテルでいちばん好きなのは、
タヒチのホテルボラボラなのですが、
もうひとつ世界で好きな宿をあげるとしたら、
ニース郊外・サンジャネの「Graine et Ficelle」というシャンブルドット。

この時代に、本当の豊かさとは何か…ということを
心底考えさせられるその環境と、オーナー夫妻のあまりにも魅力的な人柄で、
忘れ難い宿です。
今も毎日少しずつ作っていて、日々変わっていっているので、
また訪れてみたい宿のひとつでもあります☆

sanjyaneizabera

近くにあるマーグ財団の美術館は、
コペンハーゲン郊外のルイジアナ美術館と並んで
私が世界で最も好きな美術館のひとつでもあります。

maguzaidan

息子が2歳の夏休みの時の南仏&ジュネーブの旅は、
その後の私の旅の考え方にとても大きな影響を与えたといっても過言ではない
転機となる旅でもありました☆

2012 04.24 12:02 |POSTED by ETSUKO SATO
page top