photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.05.07

枡一客殿

今回の旅行のそもそもの発端は、
小布施の枡一客殿と山田温泉の藤井荘に宿泊したかったからでした。

一泊目は枡一客殿☆

%E6%9E%A1%E4%B8%80%E5%AE%A2%E6%AE%BF

蔵を移築して改装したモダンな客室が12部屋という宿。

%E5%AE%A4%E5%86%85

書斎スペースや坪庭もあり、とても落ち着きますが、
お風呂がガラス張りでなんだか水槽のようなことが、
個人的にはちょっと残念な気がしないでもない、、、という感じでしょうか。

%E6%9B%B8%E6%96%8E

夕食は隣接する蔵部で☆

%E8%94%B5%E9%83%A8%E5%A4%96%E8%A6%B3

活気ある店内

%E8%94%B5%E9%83%A8%E4%B8%AD

コースもありますが、
美味しそうなメニューが並ぶアラカルトから何品か、、、

信州牛の重ね焼き

%E4%BF%A1%E6%BF%83%E7%89%9B

佐藤の大のお気に入りとなった蛸の唐揚げ

%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%AE%E5%94%90%E6%8F%9A%E3%81%92

私は白魚の大葉包巻き揚げが好みでした。

%E7%99%BD%E9%AD%9A%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%91%89%E5%B7%BB%E3%81%8D

鯛茶のようなおまかせ茶漬け

%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%9B%E8%8C%B6%E6%BC%AC%E3%81%91

私たちは夕食を蔵部、翌日の朝食を傘風楼という組み合わせにしましたが、
その逆も選択可能。

枡一市村酒造場、和菓子の小布施堂に加え、
夏にはカフェもオープンする予定とのこと。

そこで出される予定という栗のパウンドケーキを試食させていただきましたが、
しっとりしていて美味!

歩いてまわれる小布施は、一泊するとかなり堪能できます☆

2012 05.07 23:19 |POSTED by ETSUKO SATO
page top