photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.06.21

銀山湖

5年前、息子が生まれたのをきっかけに天馬くんファミリーと仲良くなった直後から
釣り好きの義幸さんから話を聞いていて、ずっと行ってみたかった銀山湖を
先週末、遂に訪れることができました☆

%E9%8A%80%E5%B1%B1%E6%B9%961

銀山湖とは奥只見の銀山平にある湖。
奥只見はゴールデンウィークまでゲレンデがオープンしているのでも有名ですが、
さすがまだ雪が残る景色。

%E9%8A%80%E5%B1%B1%E6%B9%962

ボートから見渡す限り人工物が目に入らない、
本当に静かで美しい景色、時折カモシカが出現することもあるそう。

イワナを目指して、夕方の湖へいざ!

%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88

2人とも釣り好きなので、常にスタンバイOK(笑)

%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4

それにしても静かで、空気がきれい、
のんびりしたトローリングなので、ゆっくり進むボートに乗っているだけで
リラックスして楽しい気分に☆

%E5%B9%B8%E6%81%B5%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A8

この日は釣果はいまひとつ、そして翌日日曜日の早朝予定していた釣りは
雨でできなかったので、イワナは釣れなかったのですが、
にもかかわらず銀山の印象は最高で、ぜひまた行きたい場所です!

銀山滞在をさらに楽しくしてくれているのが、「伝之助小屋」!

%E4%BC%9D%E3%81%AE%E5%8A%A9%E5%B0%8F%E5%B1%8B

ご主人の邦雄さんが釣った魚や採った山菜で作って下さる夕食が美味☆☆☆

%E5%A4%95%E9%A3%9F

子ども用も作って下さいました!

%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%94%E3%81%AF%E3%82%93

広間には、こちらのお客さんが釣った魚の魚拓が…
こんなの釣りたかったーーーーーーー!

%E3%81%8E%E3%82%87%E3%81%9F%E3%81%8F

銀山を愛した開高健さんの書も…

%E9%96%8B%E9%AB%98%E5%81%A5

朝、トローリングをしながらボートの上で食べるはずだったおべんとう(涙)
来シーズンこそは!

%E6%9C%9D%E9%A3%9F%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8E%E3%82%8A

ワンシーズンに何度もここを訪れる義幸さん(なんと今回が3回目、
そして月末にもまた来るそう、羨ましい…!!)に、
またぜひ来年も!と思わずお願いしてしまいました。

驚いたのは、息子が帰るなり、「次、いつ銀山行くの?」と聞いてきたこと。
「そんなに楽しかったの?」と聞いたところ、釣りはもちろんですが、
「僕、また邦雄おじさんに会いたいんだよ」とのこと☆

邦雄さん、子どもだけでなく、私たちもまたぜひお会いしたいです!

%E9%82%A6%E9%9B%84%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8

義幸さん&幸恵ちゃん、今回も素敵なアレンジをありがとうございました!
次回は逗子海釣りで☆

2012 06.21 11:48 |POSTED by ETSUKO SATO
page top