photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.07.09

片山正通さん☆

『marisol』最新号<佐藤悦子の会いたい!聞きたい!>のお客さまは、
Woderwall代表の片山正通さん☆

%E7%89%87%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E9%80%9A%E3%81%95%E3%82%93

今月から『UOMO』に異動になってしまった担当の稲葉さんが、
この対談連載決定の時から「片山正通さん、ぜひ!」と仰っていたように
まさに“男が惚れる男”の片山さん☆

この対談時にも、
「僕のいちばんのファンは、Woderwallのスタッフであるべきだと思う。」
「プロジェクトの本質やクライアントの条件やイメージを取り込んだ上に、
時代のニーズや美意識から抽出したものをシャッフルして毎回提示している。
だから僕の作風なんてないし、そんなことはどうでもいいと思う。」など
男女問わず思わずカッコいい!と唸る発言がたくさん。
みんなが憧れるのも本当に納得です。

片山さんとお仕事できて、佐藤共々とても幸せだと思っています☆

2012 07.09 05:54 |POSTED by ETSUKO SATO
page top