photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.09.13

ビックロ!!!

昨日からCMも流れ始めていますので、
「東京 新宿 新名所 とんでもない店できちゃった
ビックカメラとユニクロで ビックビックビックビックロロロ」という
かなりのインパクトの映像をTVで目になさった方も多いのではないでしょうか。

9月27日(木)新宿東口にオープンする
ユニクロ初の「グローバル繁盛店」として
ビッカカメラとユニクロが協業する、その名も「ビックロ」の記者発表が
一昨日恵比寿ガーデンプレイスホールにて開催されました。

柳井正ファーストリテイリング会長兼社長&宮嶋宏幸ビックカメラ社長と☆

b96_02_520.jpg

ビックロ、この冗談かと思うような名前、
この立地での出店のお話が出た際、普通の出店としてスルーしてしまうには
あまりにももったいなく、NY、ロンドン、パリ、上海、心斎橋、銀座などの
「グローバル旗艦店」とは、また違う展開をという議論になった際、
「まずはこの店の名前を考えないといけないですね。」という柳井社長の言葉を受けて、
「ビックカメラとユニクロなので、ビックロ、ですかね。」と
佐藤が提案したもの。

CMソングの歌詞を含むコピーはコピーは前田知巳さん、
店舗設計は片山正通さん、webは中村勇吾さん、
FPMの田中知之さんがプロデュースしたCMソングは、
なんと水木一郎さんのボーカルです。

TOKYOの新名所として、世界中からお客さまが集まり、
常に活気に溢れて繁盛している「グローバル繁盛店」。
2006年のNY・SOHO出店以来、確実に積み上げてきたグローバルブランドとしての
イメージを自ら破るユニクロの新しい挑戦です。

店名を裏切らない、ビックリするような仕掛けがたくさんありますので、
9月27日のオープンをどうぞお楽しみに☆

勇吾さんが作られた「ビックロベーダー」、
相当面白く、意外にクリアが難しいので、ぜひトライしてみて下さいませ☆

2012 09.13 16:27 |POSTED by ETSUKO SATO
page top