photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.09.18

オーダーの仕方

久し振りに講談社の古川ゆかさん&風間詩織さんとランチ@アーリア・ディ・タクボ

%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%9C

東のオフィスから近いということもあり、約1年半ぶりに再訪しました。

前回伺った時は、久し振りに会う博報堂の仲良し同期4人で話が積もり過ぎ、
そして一人はかなり遅れて登場ということもあって、
アラカルトでそれぞれ食べたいものをオーダーしてシェアした記憶が。
その時は普通に美味しいかなという感想だったのですが、
今回は「おまかせ」で、「小食な人は誰もいない」「内蔵系やチーズは大好き」
「パスタは2品食べたいけれどもクリームソースは外したい」など
はっきり好みをお伝えしてコースを組み立てていただいたところ、
驚くほどの美味!

オーダーの仕方、改めて勉強になりました(笑)

奇しくもちょうどそのメンバーで
11月末に会う場所の相談をしていたところ、
「私たちって、タクボとかアニュとか、美味しいと言われているところに
かなり行ったけど、話がありすぎてどこも味を覚えていない。
だからそういうお店じゃなくて、居心地のいいお店ということの方が大切」
というメールを久美ちゃんからもらい、
わ、同じこと思っていた!とちょっと嬉しかったです☆

アーリア・ディ・タクボ、今後も何度も行きたいと思いました☆☆

2012 09.18 06:11 |POSTED by ETSUKO SATO
page top