photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.10.11

日経プレミアプラス

日本経済新聞社が、
“スマホ世代のビジネスパーソンに贈る新書サイズのマガジン”として
今月から新創刊した『日経プレミアプラス

%E6%97%A5%E7%B5%8C%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2

佐藤可士和も巻頭コラムで
「僕が毎日を過ごすのに、心がけているちょっとしたこと」という
2Pの連載をさせていただいています。

媒体概要をお伺いした際、30代、40代のビジネスパーソンが
通勤電車内でスマホを見る代わりに読める、
KIOSKでも販売する新書サイズの雑誌ということでしたので、
普段の取材などではあまり語ることのない、
でも日々意識している“ちょっとしたこと”を
毎月お話していきたいなと思っています。

10年後も困らない働き方、世界金融危機、
社員食堂紹介、世界経済訳ありランキングなどなど、
通勤途中や空いた時間にちょっと読みたくなるような話題が満載ですので、ぜひ☆

2012 10.11 06:55 |POSTED by ETSUKO SATO
page top