photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2012.10.18

七里ケ浜

『marisol』の仕事で七里ケ浜へ☆

学生の頃、七里ケ浜ゴルフ場が大好きで、よく練習かたがた
このあたりに来ていましたが、平日午後にもかかわらず、
高速を降りてからの道、そして134号は渋滞!

仕事は13:00縲鰀15:00だったのですが、
往復各2時間ずつで東京に戻ると18:00近く、
「と、遠い…」と、学生時代あんなにサクッと行っていただけに
ちょっとした驚きでした。

用事があったのが、billsのすぐ近くだったので、
帰りに寄ってみようとしたところ、1時間待ち!
ご一緒した磯部さんや岡本さんと、平日午後なのにすごい縲怩ニ
これまた驚きでした!

30分なら待つけど1時間はちょっと…と意見が一致し、
billsは諦め、やはり海沿いのDouble Doorsへ☆

ちょうど夕暮れ時の海を見ながら

%E4%B8%83%E9%87%8C%E3%82%B1%E6%B5%9C

シナモンフレンチトーストとチャイでホッと一息入れると、

DD

ものすごくリラックスした気分になって、
やっぱり都内とは流れている空気が全然違いますね☆

思えば、暇(当時は忙しいと自分では思っていたのですが)な学生時代から
流れる空気の違いを求めて、ここまで来るのが好きだったんですね☆

2012 10.18 06:13 |POSTED by ETSUKO SATO
page top