photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.01.28

Kurush.26

極真空手にはまりにはまっている息子☆
その様子を見ていると、
何でもいいから本気で夢中になれることと出会うことの大切さを
改めて感じ、いろいろと考えさせられます。

というわけで、子ども同士の練習ではなく、
本物の試合を一度見た方が、きっと心にバーンと入るものがあるだろうと、
週末は「Kurash.26」を観戦に、後楽園ホールへ☆

mainevent

偶然にも、息子の空手の先生と
私が通っているBODY AXISの代表の荻田さんが一緒にセコンドを務められる、
鈴木雄三選手の試合が、一昨日だったのです。

鈴木雄三選手は、全日本ウエイト制4連覇という偉業を成し遂げられた方で
私も何度かBODY AXISでお見かけしたことがあったので、
応援にも熱が入ります!

1ラウンド1分57秒でKO勝ちという素晴らしい結果、
あまりにもかっこいい戦いぶりと、対戦相手へのリスペクトを忘れない
勝利のコメントは、まさに男の中の男!!

肝心の鈴木選手の試合は、あまりにも応援に夢中で写真は撮っていなくて、
上は、その日の<メインイベント>Kurush70kg級タイトルマッチ
王者・城戸康裕選手 vs 挑戦者・守屋拓郎選手の、ド迫力の試合の模様です☆

鈴木選手の58kg級は、Kurushでは新設の階級で、
今回が初代王者決定戦の1回戦。
次は同じく一昨日の勝者の武尊選手と対戦する鈴木選手。
もちろん次回も応援に行きます!

2013 01.28 08:24 |POSTED by ETSUKO SATO
page top