photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.01.14

大相撲初場所

昨日は大相撲初場所・初日を観戦に両国国技館へ☆

%E5%88%9D%E5%A0%B4%E6%89%80

かれこれ6、7年前に、砂被りで一度観戦して以来の、久々の大相撲。
初場所の初日だけあって、華やいだ雰囲気で、お正月にはぴったり!

幕内力士の土俵入り

%E5%B9%95%E5%86%85%E5%8A%9B%E5%A3%AB%E5%9C%9F%E4%BF%B5%E5%85%A5%E3%82%8A

両横綱の土俵入り

%E7%99%BD%E9%B5%AC

%E6%97%A5%E9%A6%AC%E5%AF%8C%E5%A3%AB

それに続いて賜杯や優勝旗の返還もありました。
こちらは先場所優勝の東の横綱・白鳳関

%E5%84%AA%E5%8B%9D%E6%97%97%E8%BF%94%E9%82%84

これに続いて、優勝力士画の除幕式。
先場所、先々場所優勝の白鵬関と日馬富士関の画が新たに国技館にの壁に!

%E9%99%A4%E5%B9%95%E5%BC%8F

昨日は、2横綱、4大関が揃って白星でしたが、
生で観ると、横綱や大関は本当に強い!!
素人目には、あたった瞬間は、対戦相手側が有利?と思えるような場合でも、
どーんとしていて、一発で形勢を逆転させたり、
落ち着いて勝負を決めていたり、
「つ、強い!本当に強い!!」と
改めて横綱、大関と存在感を目の当たりにしました。

「横綱相撲」という言葉の意味、昨日でものすごくリアリティが出ました!

結びの一番・白鵬 VS 松鳳山

%E7%B5%90%E3%81%B3%E3%81%AE%E4%B8%80%E7%95%AA

以前、朝稽古にお邪魔して抱っこしていただいた旭天鵬さんの取り組みには、
3人で大声援だったのですが、昨日は残念ながら黒星!

初日を観戦できたので、今場所は千秋楽までフォローするのが
とても楽しみになりました☆

これを機に相撲ファンになるか、今年…?!☆

2013 01.14 09:56 |POSTED by ETSUKO SATO
page top