photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.03.05

20年ぶり!

なかよしのライター・今井恵さんのご縁で、
大学の同級生・魚住ゆかりさんとほぼ20年ぶり(!)の再会☆

atpyaoshan

朝日新聞の記者のゆかりさん、時々新聞で署名原稿を拝見していて、
「わ、頑張ってる!」と思って、嬉しくなったことが何度もあります。

今井さんとは、なんとママ友。
今井さんは、手塚由比さんともママ友で、
不思議なご縁を感じます(笑)

お店は、ゆかりさんが予約してくれた「ピャオシャン」@麻布十番

スペシャリテの「よだれ鶏」はじめ、豪快な「悪大王のスペアリブ」、
締めの汁なし担々麺まで、美味連続で、幸せな夜でした☆

splib

2013 03.05 07:54 |POSTED by ETSUKO SATO
page top