photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.03.28

『佐藤可士和の新しいルールづくり 聞き手:齋藤孝』

東京に戻ってきたら、すっかり桜が満開☆
昨日は大阪でしたが、大阪はまだのようで、東京の方が早いんだ…と
ちょっとした驚きでした。

そして『佐藤可士和の新しいルールづくり 聞き手:齋藤孝』が、
筑摩書房より発売になりました☆

%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A

この本、実は当初別の企画として進んでいて、
その企画中に齋藤先生とのページもあったので、
昨年のある日、佐藤との対談のため、
齋藤先生がSAMURAIにいらっしゃいました。

私も同席していましたが、
二人の話が盛り上がる、なんてものじゃなく(笑)
聞いている私も面白すぎてびっくり仰天、そしてシビレました。

4時間ぐらい喋ったにもかかわらず、終わらなくて、
第2回目となりそれはなんとノンストップで6時間!
齋藤先生がSAMURAIを出られたのは深夜0時をすぎていましたが、
時の経つのも忘れて、ルールとは、概念とは、新しいゲームとは、について
語りまくったすごい内容を『佐藤可士和の新しいルールづくり 聞き手:齋藤孝』
として、当初の企画はなかったことになって、これを一冊にまとめました。

齋藤先生とでなければあり得なかったこの展開、せひご覧になってみて下さい☆

2013 03.28 15:22 |POSTED by ETSUKO SATO
page top