photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.04.10

セビリアのきのこ

アンダルシアの話を少し…☆

コロンブスの柩が安置されるカテドラルに寄りたいと、最初はセビリアへ。

sev5

コロンブスの柩は、
カスティーリャ、レオン、ナバラ、アラゴンの4国王に担がれていて、
世界史にそれほど精通していなくても、感慨深いものでした。

でも当初の目的のカテドラルを超えて、
個人的セビリアNo.1は、旧市街に突如現れるこの巨大なきのこ!!

sev1

なんでも、駐車場にしようと道路を掘り起こしたところ、
地下にローマ時代の遺跡が発見されて計画変更となり、
遺跡を見学できる施設が地下&地上に、その上にこのきのこを建てたそう。

sev2

Espacio Metropol Parasol」というのだそうですが、
なんと奈良の東大寺を抜いて現在世界最大の木造建築だそうなのです!!

sev3

階段をのぼっていくと、気持ちのいいセビリアの空の下、
街が一望できる展望台、そしてランチもできるカフェが設置されています☆

sev4

古いものの中に新しいものを、ものすごく絶妙なバランスで作っていて、
さすがスペインセンス!でした☆

完成してそれ程経っていないので、まだあまりガイドブック等には出ていないのですが、
セビリアに行かれる際にはぜひ!というくらいオススメ☆

2013 04.10 12:53 |POSTED by ETSUKO SATO
page top