photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.04.12

遺跡の上のホテル

セビリアには宿泊せずにコルドバに移動。

コルドバでぜひ泊まりたかったのが、
Hotel Hospes Palacio del Bailio

cor2

コルドバ歴史地区に佇む小さなホテルですが、
16世紀に貴族の館として建てられたもので、
さらに地下にはローマ遺跡が!

このホテルといい、セビリアのきのこといい、
アンダルシアには本当にローマ時代の遺跡が豊富で驚きます!

というわけで、ダイニングの床はガラス張り。
写真ではよく見えませんが、ガラス越しにローマ遺跡を見ながら
食事が楽しめるという趣向。
パティオですが、やはりガラスの屋根が付いているので、
暑さ&寒さの温度調節もばっちりなのです☆

cor3

ディナーだけでなく、朝食もこちらで…

cor4

朝から気分が上がります(笑)

そして、コルドバでぜひ訪れたかった「メスキータ

cor1

この赤と白のアーチの無限の空間、
そしてその中に突如出現するキリスト教のバロック様式の聖堂が、
どのように存在しているのか、この目で見たいとずっと思ってきたので、
ちょっと感無量でした☆

2013 04.12 16:27 |POSTED by ETSUKO SATO
page top