photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2013.09.29

今年6月に開催された高校卒業銀祝の会で流された

私たちの卒業式の先生方の祝辞を持ってきてくれたみっちゃん☆

改めて聞いてみると、

「皆様の一生涯を通して、

自分から進んで人の目につくことはしないでも、

人の心に何かを与えるような、

そんな人になっていただきたいと思います。」という校長先生や、

「若い時というのは、

みなさんが思っている程長くはありません。

ですからこれから始まる大学時代を大切に過ごして下さい。」という

先生のお言葉は、今、聞くと本当に胸に染み入り、

今、改めて聞いてよかったと思いました。

18歳の時は、若すぎてまったくわかっていなかったねと、

話しながら、師はいつまでも師だと、

深く頷いた3人でした☆

130929.jpg

2013 09.29 10:05 |POSTED by ETSUKO SATO
page top