photo

ETSUKO SATO

  • プロフィール

    • 1969年東京生。1992年早稲田大学教育学部卒業後、株式会社博報堂、外資系化粧品ブランド(クラランス、ゲラン)のAD/PRマネージャーを経て、2001年アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。大学や幼稚園のリニューアル、病院のトータルディレクション、数々の企業のCIやブランディング、商品及び店舗開発など、既存の枠組みにとらわれず、アートディレクションの新しい可能性を提案し続けるプロジェクトのマネージメント&プロデュースに幅広く携わる。
      著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方改訂新版」(誠文堂新光社)、「オトコらしくない、から、うまくいく」(清野由美氏との共著/日本経済新聞社)、「佐藤悦子の幸せ習慣」(講談社)他。

テーマ

サーチ

2014.01.29

「防災のデザイン2014」のお知らせ

佐藤が特別招聘教授として講義を受け持っております

慶応義塾大学環境情報学部の「未踏領域のデザイン戦略」。

2013年度も昨年に引き続き、デザインの力が及んでいない領域として

「防災のデザイン」をテーマに設定して、学生のみなさんとワークショップ形式で

授業を続けて参りました。

その最終成果発表の場として、来る2月3日(月)13:00より

銀座のITOKI Tokyo Innovation Center SYNQAにて、

「防災のデザイン2014」を開催いたします。

140129.jpg

6チームの学生グループによるプレゼンテーション、

村井純・慶応義塾大学環境情報学部長、筧康明・同准教授

大木聖子・同准教授/地震学者と佐藤によるパネルディスカッションなど、

未踏領域である「日本の防災」について、

様々な角度からデザインやコミュニケーションの可能性を探る場となっております。

履修者、大学関係者以外の一般のお客さまも、

先着100席でご自由にご聴講いただけます。

詳細はこちらから☆

2014 01.29 21:46 |POSTED by ETSUKO SATO
page top