MINA KOTAKU

  • プロフィール

テーマ

サーチ

 

2012年

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202012-08-05%200.31.56.png
●gj 2012 Autumn 8/1リリース!
photographer/ 伊藤彰紀
hair, makeup & special makeup/ Mika + Chishin


校了から次号制作が本格化するまでは、
飲み友達を確保すべき時期。
定時で帰れても、何をしたらいいのかわかんないもん。

女のコたちはいつも忙しそうなので、
予約がなかなか取れない。
よって、毎日飲み歩いているタイプの男友達がターゲット。

大学卒業以来、10年は連絡を取っていなかろうが、
「元気!? 飲みに行こうよ!」
と単刀直入に用件を電話で伝える。(大抵、電話番号は変わっていない。)
「おー、どうしてた!?」
とか言いながらも、飲みの予定を入れてくれる。(しめしめ。)

「お子さんは何歳?」
「偉くなった?」
「仕事の悩みはないの?吐き出しちゃえーっ」
などと楽しく且つ、ブランクを感じないおしゃべりが展開され、
そこそこ説教されたりする。

今回の教えは、
「腹筋だ、腹筋! 肩を引いて、姿勢良く歩くべし」
である。
ヨット部だったもんね、体育会系だもんね、厳しいよね、そりゃ。

前段として、
「体重の圧倒的増加、おなかのたるみをどうすりゃいいか」
という話を振ったところのアドバイス。
幸い(?)、顔には肉がつきにくいのでそこそこ暗い店では分からないだろうが、
君等が知っている自分とは10kgは違うもんね。
gj(=ビューティカタログ!)の編集長としてはあってはならぬ話題だが、
現状、仕方なし。
当たり前だが心に刺さる話を聞き、文字通り姿勢を正すのみ。

こうして、発行の合間はデトックスするサイクル。

……飲まなきゃもっといいのかも、だけどね。はっはっは。

※身に覚えがある方は、「私も!」と声をかけていただけると励みになります。

">
●男友達が言うことにゃ。 2012 08.11
gjp2-3.jpg


gj夏号の目玉は、UV特集! そして、ハワイロケ!
真冬に撮影せねばならないので、常夏の島の空気感が必要ってことで、南の島へ。

が、

猛烈な嵐の最中だったんだなー。
ハワイで豪雨&雷なんて、初めての体験だよ。

夜中に滝のような雨音に起こされて、
「こりゃ明日の撮影は無理かも……」
と思わされました。
たまたま晴れたものの、
自分の不手際で撮影自体もオフビート気味だし……すみません。

しかし、天才フォトグラファー(ここはあえてこう呼びたい!)/伊藤彰紀さんが
奇跡の一瞬をとらえてくれました。

飛んでる!鳩が飛んでる!
合成じゃないよ!
すごすぎる!

昨年、果たせなかったThe Royal Hawaiianでの撮影の夢が
最高の一枚になって、感無量です。

">
●gj 2012 Summer 2012 05.14
%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%882-3.jpg%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%881.jpg%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88.jpg


月刊『フローリスト』4月号(3/8発売)に、インタビューが掲載された。
ライター氏がすごーくいい人で、自分で読んでも「この人、すごいね」と感じるほど
良く書いてくださいました。
……ちと恥ずかしいっす。あは。

取り上げられた2つのビジュアルは、
震災後の物理的混乱と不安を振り払いながら撮影したもの。
スタッフのみなさんも同じ気持ちだったからこそ、心をひとつにできたのでは
と感じます。

こうして注目していただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。

">
●『フローリスト』 2012 05.14
%E3%83%92%E3%82%9A%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3spj3.png
spj4.pngspj5.png
spj7.pngspj6.png
spj8.png
spj10.pngspj9.png
spj13.png
spj11.pngspj12.png
spj14.png


「PJ」春号が発売されました!
すべての女のコが健やかでありますように!

">
●PJ 2012 Spring! 2012 02.22
vd1.jpgvd2.JPGvd3.jpg
vd4.JPGvd5.jpgvd6.jpg
vd7.jpgvd8.jpgvd9.jpg


コタク家の長男として育てられたからか、
男のコの催し物にはちょっと敏感。

特にValentine's Dayは、
男のコっていいよなー。と思っている。

今日も街には小さい紙袋を持ったおしゃれした女のコ。
かわいーじゃん 。


小学生の頃、

「何個もらった?」

なんて嬉々としている男子を見ると、
「ちっ」てな感じ。
ウキウキしちゃってさ、楽しそうだよね。

ちなみに自分は女子中&高校出身なので、
この日に展開される本物の甘酸っぱいドラマを見たことはない。

もちろん、センパイ(=女子)にチョコレートを渡すシーンはたくさん見た。
が、完全に
「男のコいないからカッコいいセンパイで代用しちゃう♡胸キュンごっこ」
だったね。


話がそれたが、とにかく言いたいのは、
「絶対に、君らよりも自分のほうがチョコレートが好きなんだからねー!」ってこと。

「コーヒー、牛乳、チョコレートで自分はできている」
と言い張っていても、
アメリカからの帰国子女!というV.D. に完璧な条件を持つ恋人ですら
この日にチョコレートをくれたことはなかった。
……そーかい、そーかい。そんなに楽しいイベントなのか。

実際のところ、男子がV.D. 前日にチョコレートなど買いにいったら、
「もらったフリするんじゃないか?」疑惑がかけられちゃうもんね。
プライドの高いニッポン男児には無理ってものか。


しかし、奇跡は起る。

言い続けた甲斐あってか、
今年のValentine's Dayはラヴリーな女子から、たくさんのチョコレートが!

「コタクさん、モテてる!」
とPJ編集/コイケ。


ついに自分にも、男子の夢、叶う。


じ———ん♡

">
●男の子の夢 2012 02.14
2012SminiPJ.jpg%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.jpg


gjと一緒にミニPJが届きました。
担当はPJ編集/小林花子。

本家『PJ』の担当ページ数も相当なものだし、他にも仕事を抱えているが、
獅子の子落としのごとく、

「作って♡」

とお願い。
見事、春コレクションのスタートを楽しく伝えてくれました。

頑張れるもんだねー。(しめしめ。)
次も頼むぜ!


ところで。
私的にホットなgjアイテムは、
エクサアップサルエルパンツ」。

運動量をアップさせるスニーカーのパンツバージョン。
はくだけで、おしりから太ももにかけての運動量が1.6倍になっちゃう!
すごいね。感動的に画期的です。
普段着にはもちろん、撮影時にいーんじゃないかと
エディトリアルチームでも話題。

  更に言うと、火付け役のスニーカー、LEG-GYMまで気になっている。
  実は、アンジェリカにPJの撮影ではいてもらったら、
  すごーくかっこよかったんだよね。
  アンジェのスーパー美脚に、完全にやられました。

販売スタートと同時にWEBでオーダーしたのは、
サルエルOK派のコタク& PJ編集/コイケ。
これからサルエル懐疑派をどう取り込めるか!?
社内で流行らせられるかは着こなしにかかっている、と見た。

がんばろーね、コイケ!
(というか、がんばれ、コイケ!)

">
●PJ A-list + gj's HOT♡ 2012 02.03
pj2012pinkcon.jpg


『STAR WARS』がそうだったように、
見たことがない世界を見たい。

だから、自分が作るものは「気分」をビジュアル化したものが多い。

今回のシーズンスタート広告も、そのひとつ。

女のコの本音を閉ざされた空間で表現する、とのコンセプトでPJ春号用に撮影した
PHOTO STORY「Pink Confidential —ピンクの機密—」からの1シーンで作りました。

微妙な心模様を理解してほしい、でも、仕上がりはハードなほうが現実味がなくていい。
ヨーロッパの優雅な毒、がこの企画にはフィットする。
――と考え、
フランス人の女性フォトグラファー、
シルヴィー・マルフレイさんに撮影していただきました。

スタイリングは自分で。
『パフューム ある人殺しの物語』や『マリー・アントワネット』を思い出しながら、
ひとりでリースへ。
仮面や羽飾りをひとつひとつ吟味するのは楽しい作業。
そういや、こういうランジェリーならではのスタイリングをしたことがなかったなー。

そして、借りてきた小道具を見せながらh&m/河村慎也さんと打ち合わせ。
河村さんも素敵にダークな美を表現されるので、是非!とお願いしました。
もしかしたら独特のメイクトーンは、ロンドンでお仕事をされていたからかも?

主演は大屋夏南ちゃん。
鍛え上げた身体を駆使して、想像以上に苦しい体勢のカットをこなしてくれました。
影の協力者、パーソナルトレーナー/横手貞一朗さんのおかげでもありますね。
ありがとうございます。

写真の仕上げはなんとドイツで!
シルヴィーさんから聞いた瞬間、
ヴィム・ヴェンダースの『ベルリン・天使の詩』の冒頭、
「アズ ダス キントゥ キントゥ ワー (翻訳:子供が子供だった頃)」
という台詞が脳内でぐるぐる。
この映画がきっかけで、第二外国語はドイツ語を選択。早々に敗北。単位を落とした。
今覚えている文章は、
「ペーター ベズーフト ジ タンテ (翻訳:ペーターはおばさんのところに行く)」
だけ。

……とにかく!

データ主流になったおかげで、ワールドワイドな仕事を
ひとつの写真に凝縮することが可能になりました。

世界を駆け巡って仕上がった写真はストア本部にも好評。
新宿3丁目店の壁面はこのシリーズのビジュアルに変更されています。
他の店舗の店内もリニューアルされるみたい。
ストアツアーをしないと!

">
●Pink Confidential 2012 02.02
%C2%83gj2012springad.jpg


『gj』春号、発行です。

今回のメインコンセプトは、

「誰かが決めた美の基準に従うな! 個性を羽ばたかせよう!」

です!
gj編集長なのに、なんてビューティ左翼なんでしょ。あはは。


ヘルシーで快活、笑顔がキュート、髪がツヤツヤ、赤ちゃんみたいな肌、すごい美脚!
……などなど、自分の自信があるところを更に磨いて、
「素敵だね!」とたくさん褒められましょう。

とのメッセージを込めました。


カバーは、「個性」ちゃんが一人乗りの気球に乗って、
つまんない常識世界から飛び立っていくところ。
きれいなだけじゃない、生命力に満ちた植物で個性的な美しさを表現しました。
読んでくださる方々にとってビューティをめぐる冒険物語の絵本になるといいな、
と思いながら作った表紙です。

スタッフの皆さんが、コタクのアイディアをそれぞれに理解・解釈して、
自由自在に楽しみながら最高の仕事をしてくださいました。
……。
多分、楽しかったですよね!? 自分はものすごく楽しかったです!

このカタログを手に取る方々にも、
新しいビューティの形を楽しんでいただけると幸いです。


***
  あのー、実は、
  この撮影当日、h&m/佐々木さん以外は初仕事の面々で、
  朝から緊張して手元があやしく、
  スタジオ入りするや否や高級カップを割ってしまった。
  ホント、情けないな、自分。
  スタジオGO-SEES様、本当に申し訳ありません。
***


photographer/菊地史さん
hair/HIROさん
makeup/佐々木貞江さん
set designer/CHIHIROさん
illustrator/田嶋吉信さん

">
●gj 2012 Spring リリース! 2012 02.01
kanburi.jpg


突如!
寒ブリが食べたくなって、もう、寒ブリのことしか考えられなくなる。

別冊やタブロイドなどでまだ忙しくしている
PJ編集/小林花子とgj編集/砂糖を無理矢理誘って、
GO! 寒ブリ。

校了してから乾杯もしていないし、ちょうどいい。
が、街は給料日後の金曜日。
「席が空くかわからないんですけど…」とお店の人。
後には引けぬ(Why!?)待つから、と予約。

目当ての店近くの「ぱやぱやカフェ(仮名)」で軽く飲みながら待っていたが、
結局、席はラストオーダーに間に合わず別の店へ。

まあ、最初からこちらのお店でも良かったんだが。


やっと会えた、寒ブリ♡


今の時期は中トロなんかよりずうっと美味しいね。

隣の席でうるさかった営業系サラリーマンたちのことも許せるほどの旨さです。
(この方たち、世界を変えるそうです。……がんばるがよい。)

">
●寒ブリで乾杯 2012 01.28
IMG_1034.jpg
IMG_1032.jpgIMG_1045.jpgIMG_1048.jpgIMG_1029.jpg
IMG_1058.jpgIMG_1078.jpg
IMG_1072.jpgIMG_1089.jpgIMG_1069.jpg
IMG_1083.jpgIMG_1075.jpg
IMG_1095.jpgIMG_1293.jpg

冬号と春号制作の間の2011年10月、思い立ってN.Y.へ。
東京とは違う街で、コーヒーを飲んだり、散歩をしたかっただけなんだけど。

貯まっていたマイルをエアチケットにして、ホテルはチェルシー付近にブッキング。
前回訪れた時は建設中だった公園、The High Lineを毎日ぶらぶらしたい。

ホテルと公園の間にチェルシーマーケットがあり、
そこのNINETH STREET ESPRESSOが今回のバディという感じ。
ラテを買って、公園に行って、手近なベンチに座る。
N.Y.は日差しが強くて、読書には向かない。
iPhoneから東京にメールを送ってみたり、お年寄りの観光客が歩いているのを眺める。

夜は意外と忙しくて、東京で進行中の広告などの制作物の確認。
MacBook Airを買ってよかったな。
機動性にもスピードにも満足。

旅の手配をしている時には、ま、いいかと思っていたのだけど、
なか3日は思ったよりもずっと弾丸旅行。

また来ればいいか。
やり残した感があるまま、機上の人になりました。

そして今、
春号も校了し、N.Y.いち美味しい
NINETH STREET ESPRESSOのコーヒー、でブレイク中。
朝のトーストのような香り。
リセットするには、最高です。

">
●ブレイク。 2012 01.27
o0480047411732351141.jpg


本日リリースの、DJ MAYUMIとPEACH JOHNのコラボアルバム
「Private Pink Party」のジャケットワークを手がけました。

春号のキャスティングが難航している頃、PR/熊谷から話が来て

「CDのジャケ写!? やるやる!」
「コタクさん!この時期にカタログ以外の仕事を入れちゃうと…」

PJ編集/しもはの静止も空しく、引き受けた仕事。
だって、やってみたいじゃん。

(この後、しもはを巻き込み、しもはのスケジュールまで苦しめることになる。
 ……すまない、すまない!しもは!)

同じく「やりたいです!」と言ってくれた、
今、日本の女のコを最も可愛く撮るPhotographer/土山大輔さんが撮影。
そこに、多くのアーティストのメイクを手がけるh&m/中台朱美さんが参加。

「PJに頼むと最高に可愛く撮ってくれるよ」って言われたい!一心でキャスティング。
(ああ、単純だよ、オレは。)

コンセプトもビジュアルイメージも、考えるの楽しかったー。

DJ MAYUMIさんの大人でガールな部分をぐいぐい引き出して
PEACH JOHNの世界に入っていただきました。

撮影当日は、MAYUMIさんがPJイメージで考えてきてくれたネイル。
「ピンクのレコードってありますか?」のオーダーに応えて、
ユニバーサルさんが調達してくださったレコード。

完璧なチームワークにわくわくもマックス!と思ったら、
もっと上がっている人、発見。

弊社デザイナー/マーサ日高。
(この人はいつもカワイイを追求している姿勢がいいんだよね。)
撮影現場に来てもらうと、イマジネーションの扉がわーっと開いたみたい。
「見えます!」
だって。超能力者か!?
ものすごい勢いでデザインを仕上げてくれました。


MAYUMIさんが自分の分身として作った一枚は、必聴です!

ご自身のブログで一曲ずつ、愛情深く、解説してくれていますよ。

">
●DJ MAYUMI 2012 01.25
red.jpgefx.jpgcasi.jpgsnow12123.jpg

『gj』に続いて、『PJ』両春号、校了っ!
めでたい。

春号制作を支えてくれて、ありがとう(写真左)。

向かいのムラサキスポーツで手に入れたEFXにもありがとう。
キミが居なければ、集中力を保てなかった……というか!
外したらダメダメになっちゃうのか!?

コーヒーもちょうど切れて、スターバックスで本日入手。
袋をあけると、ビターチョコレートの香り。

冬眠したいところだが、間髪入れずに夏号の制作がスタート。

本当の春じゃなくても、行く春は切ない。
夏の夢を見始めようとした今夜、
からかうように、雪。
本物の季節には負けないよ。

">
●校了! 2012 01.23
mtmr.JPGmtmr-3.JPG


何年も初夢らしい初夢を見ていなかったけれど、
今年の初夢はくっきり。


**以下、夢**


『PJ』2012春号の撮影として、メグ・ライアンが来日。
イチオシのランジェリーを着てくれると言う。
ディレクション担当はコタク。
喜んで挨拶したものの、

「マリオ・テスティノやマイケル・トンプソンを越えるビジュアルにせねば!」

とか、

「それにしても、ロマンティック・コメディの女王だったということを
知っている読者はいるのだろうか???」

と頭を悩ませている。

**覚醒**


……。


なんでメグ・ライアンだったんだろう?
Lady GAGAやブレイク・ライブリーじゃなく。


……。


ということで、あっさり格付け完了。

富士山:Lady GAGA
鷹:ブレイク・ライブリー
なすび:メグ・ライアン

初夢は「なすび」、で決まり。
幸先、いいんじゃないかね?

">
●そういえば初夢 2012 01.23
第33回「読者がえらぶ・講談社広告賞」
優秀賞をいただきました。
毎年(ほとんど伝統として)受賞してきた賞なので、とれてほっとしました。
投票してくださった方、すべてのスタッフに、ありがとうございます。
gjカバーは優しいリネンにくるまれた、生まれたての天使たち。
76_rola.jpgT2_h1-h4_A-1.jpg%2BViVi_5.jpgad_pj_b_2.jpgViVi_3.jpgc.jpgpj_ad_e_4.jpgpj_ad_d_2.jpgpj_ad_sakura_2.jpgad_gj.jpgSSE_0114c.jpgsse_f.jpg

*
*
*
[ Summer ]

PJカバーガールはローラ。震災直後で、このカットに「小さな祈り」を感じて選びました。
特集は大屋夏南。コンセプトは心の平安。
gjカバーは2月に行ったハワイロケ。日差しに負けないヌーディな肌をテーマに。
gj裏表紙からはPJ pre-Summer号、ローラを通してエールを送るカバーにしました。
2011summeremi.jpg2011psummerh4_.jpg2011summer110510.jpg2011Spj_ad_f_4.jpg2011Srolapj_ad_blenda_sweet.jpg2011SrolacatSSE_0418.jpgh1-11%20BG_b_.jpg%2BCUTiE_7.jpg%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%203.png

*
*
*
[ Fall ]

カバーガールはAKB48の大島優子、小嶋陽菜、河西知美。
アイドル・AKB48の新しい表情を出したいと思い、モードな世界に閉じ込めた一枚。
グラビアは大屋夏南。テーマは想像力。
未来を作るために必要なものを忘れたくない、
ひとりひとりが力強く夢を見なければダメ、だからPJは夢を作る、と伝えたかった。
広告のアンジェリカはBABAシャツの柄にインスピレーションを得て
Hotel CostesのコンピレーションCDの世界観にと、自分の好きなコンセプトで直球勝負。
震災の影に負けまいと、自分なりのメッセージをひとつひとつの仕事に込めました。
gjカバーはビューティ最新ニュースのイメージとして、新聞が似合う空間を選びました。
東京でいちばん好きなホテルPark Hyatt、ルームサービス、ブレックファースト。
ロケを行ったわけじゃないけれど、忠実に再現しました。
pj_adkanabird.jpg2011fallgj.jpgh1_2011fall.jpgpj_adangebaba.jpg1sse_angeseason20829.jpg2sse_angeseason20829_2.jpggj2011fallGLOW_9.jpgpj_akb_ad_1p.jpg78_ad_mini.jpg2011Frolababapj78_ad_e.jpg

*
*
*
[ Winter ]

カバーは布袋寅泰 &アンジェリカ。メンズとコンビの表紙はPJ初。
自分はBOOWYリアル世代。男友達をひっくりかえらせました。
グラビアはアンジェリカ。Holidayの赤いランジェリーに身を包み、
トナカイも寒冷地が原産のシベリアンハスキーに変えた、NEWサンタクロース。
gjカバーは特集Poker Face HOTのイメージとして、炎の精を登場させました。
2011Wp3.jpg2011Wp2.jpg2011Wh1_s.jpggj2011Wh1.png2011Wred1.png2011Wred2.png2011Wred3.png2011Wtwinklesweet_0112.jpg2011Wallstar79_sse_2.jpg2011Wrola79_sse_2.jpg2011W2rolapj_sse.jpg2011Wnightpj_ad_d.jpg2011Wspice2.png2011Wspice1.pngPJ_for_Dental4.jpg

*
*
*
2011年を総括・自己採点すると……自分らしさが無いアイディアは
ダメだったなと思う。実際、反響も感じられなかった。
なので、五勝五敗、といったところ。

うーむ、悔しい。

しかし、2012年は2周目だもん。
自分の何事も楽しむっていう長所を取り戻さないと。
そして全勝だ!!
と心に決めているのだ。

">
●2011仕事一覧 2012 01.09
page top