photo

MINA KOTAKU

  • プロフィール

テーマ

サーチ

2014.09.17

1st Guest From TOKYO

IMG_0304.jpg

MOMAの目と鼻の先、54th StとAvenue of Americasの角のホテル、

WARWICK NEW YORK。ラウンジのチェアに無造作に置かれた

CHANELのショッピングバッグを模したバッグ----。

自分が迎える最初のお客様、EXボス/佐藤りんださんが、

6700マイルを越えてやってきた!

NYで再会しても、東京に居るときと1mmも変わらないのがちょっと可笑しい。

佐藤さんは「ままごと」好きが高じて、渋谷・宮益坂に

エンターテインメント・カフェ・バー・レストランをひとつにした

L. Loves R.」 をオープン。

ステージ、ラジオスタジオ完備!という珍しいタイプのお店で、

パンケーキ、ポップオーヴァー、ダッチベイビー、スフレオムレツが大人気。

TVで何度も紹介されてる。

私は会社帰りに一杯、プラス、サラダやステーキをいただきに遊びに行っていた。

(結局、一杯のつもりがディナーになっちゃう。)

佐藤さんにとって今回の旅は視察旅行なので、

存分に! カフェやディナーを一緒に楽しませていただいた。

    

IMG_0329.JPG

初ディナーは、「微妙にひとりで行くのもなんだなー」と思っていた、

グランドセントラルステーションのオイスターバー。

佐藤さんとは出張で何度かNYへは来ているが、生牡蠣はあたりやすいので、

リスク回避として食べに来たことはなかった。

「生牡蠣は一度も食べられなかったよねー、わー! おーいしーい!」

などと言いながらぱくつきました。

クラムチャウダーも含め、完食。

ふと佐藤さんを見ると、コタクを通り越した先をじっと見つめている。

振り向くと、団体さんが揃って楽しそうにロブスター用エプロンをつけている。

「ロブスターを食べるとあんなかわいいエプロンをもらえるの!?

と佐藤さん。

ふたりともお腹いっぱいなのに、一瞬、佐藤さんの頭に

「これからロブスターを頼むべきか」

と、よぎったのは間違いないです。

ロブスターよりエプロン。

......。

「家に持って帰ってままごとに使うの!」

って言ってた心のまま、大人になった方なので。

  

実は自分、過去のNY訪問ではタクシー移動が主だったので、

グランドセントラルステーションをしっかり見たのは今回が初めて。

1871年開業、建築物としては1913年2月に今の姿に改装。

1960年代後半に危うく取り壊されるところをサバイヴ、

2013年2月に100周年を迎えたばかり。

映画などのロケーションにもよく使われていて、

最近ではドラマ『GOSSIP GIRL』でセリーナがNYに戻って来たシーン、

映画『恋に落ちて』『アンタッチャブル』など、思い出せるほどの

名シーンがたくさんある。

ここが無ければ、平凡なワンシーンになっていたかもしれないな。

NYのランドマークにして、スーパーフォトジェニックな場所。

 

地下にはNY名物店が出店しているフードコート。

マグノリアベーカリー、Shake Shackなど、本店では物凄く並ぶようなお店でも

比較的簡単に注文にたどり着けそう。結構な穴場なのかも。

東京でいうところの東京駅だから、土産にでもするんだろうね。

と、思ったら、東京駅とは姉妹提携を結んでいるのだそう。

(どこに反映されているのかはNYサイドではわからなかった。)

 

メインコンコースを見上げると、天井に星座。

しかも神からの目線で描かれているから、星座の背後からの配置になっているそう。

グランドセントラルにはこうした秘密めいた話がたくさんある。

CNNのグランドセントラル100周年記念記事にまとめられているのをみつけたが、

とても面白かった。陰謀論に目がない人におすすめ。

  

IMG_0399.jpg

カフェはNYの老舗デパート、Bergdorf Goodman の「BG」へ。

映画『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』をL. Loves R. で

プロモーションしたときは、こちらのアフタヌーン・ティーメニューを完全再現。

レシピの打ち合わせのためにNYに来訪した際にお世話になったという、

BGのマネージャー、マイケルさんにエントランスでご挨拶。

セントラルパークを一望できる席に通されて感激......ふと気付くと、

佐藤さんを含む両隣の3人のバッグがエルメス!(こりゃ、凄い。)

さすがアッパークラスに人気のお店です。

LLRで楽しんだアフタヌーン・ティーを本場でも堪能。

ミニチュアケーキにミニチュアサンドイッチ、ジャムの瓶もやたらミニサイズ。

さすが、ままごと好きなだけある。みんなちっちゃくて、しかも本物。

佐藤さんが見逃すはずの無い、「ごっこ」な感触のあるティーパーティー。

(本当に完全再現されていたことを確認!が、たまごサンドは

 LLRのほうが美味しかった。本家BGさん、すみません。)

お会計をとウェイトレスに声をかけると、

「マロニー(マイケル氏の更に上の方)からお支払いは結構ですと聞いております」

とのこと。

この一言に両隣のエルメス婦人も浮き足立ち、

「このジャパニーズ、何者?

との表情。

アッパークラス・マダムのお気に入り老舗デパートからもてなされる

......これこそままごとの極みですよ!佐藤さん!

 

さて、   

旅の締めには素敵なレストラン! の予定だったのだが、

我がアパートメントのカビとハウスダストにやられて、自分、喘息を発症。

行けずじまいになってしまった。む、無念。

しかし、どの店でも幸せそうな佐藤さんを見られたのが、いい思い出。

自分も和みました。

   

IMG_0406.jpg 

[ ここで陳謝 ] 弱っていたためか突如後輩たちの顔が見たくなり、かなりしつこく

       「FaceTimeができるようにしろ!」と強要。忙しいとこすまん(笑)。

 

***

    

What did you do yesterday?

で始まる英会話のクラスでは、毎日ディナーで何を食べたかを説明。

羨望の眼差しに対しては、来週からは可哀想な子に逆戻りするからさ、

と説明。(がっくり。)

さて、次にNew Yorkで会えるのは誰になるのかね?

美味いレストランのアドレスをためて、お待ちしております。

注:佐藤さんの訪米は8月下旬の出来事です。

    

2014 09.17 14:11 |POSTED by MINA KOTAKU
page top